すぽさん投資ぶろぐ

「成長、ビジネスモデル、割安」を軸にした中長期投資ブログ


0197 ハンタイ(4.5)

邱さんイチオシ銘柄。中国株には高成長・割安株が多いがその内の一つ。
ビジネスは冷凍食品の卸から始めて今度は農場を購入し野菜の販売を始めるという段階。正直優秀なビジネスモデルだとは思えないものの、超大現代農業の利益率から分かるとおり野菜生産業の利益率は目を見張るものがある。なによりも食糧に関する市場環境が良すぎることが百難隠し、成長は毎年+30%程度は期待できる。

株価は割安。
(2011年5月5日現在) 0.93HK$ PER 11.77 PBR 1.01
僕の平均取得単価 0.55HK$

PER15以下であれば十分お買い得。お買い得度4.5(5段階、高評価が5)

3087ドトール・日レスホールディングス(4)

この企業の評価点は日レスの経営思想と株価の安さ

どちらかというと日レスよりドトールが有名で、一般株主はこちらに目が行く人が多い。
ドトールはコーヒー豆の高騰と喫茶業界の競争激化により利益面でネガティブ。特にマクドナルドのコーヒー市場強化は脅威でコーヒー豆の値段高騰を価格転嫁しづらい状況が続くように思う。営業利益率はだいたい5%ぐらいだが、ここしばらく上向くようには思えない。
一方、もうひとつの日本レストランシステムはその珍しい名前が示すとおり、「レストラン業を永続的にシステム化し続けることを目指す」会社。現在「五右衛門」が中心として営業利益率10%程度を叩き出し、売上はドトールの半分だが利益はほぼ同じぐらい生み出している。
日レスの強みは「いかにムダなコストをかけないか」という徹底で、考え方はサイゼリヤに通じる。今後の荒波を乗り越えていける遺伝子の強さを感じる。
ただ市場環境自体はあまり良いとは言えず、なにかヒット業態が生まれない限りしばらく市場拡大は望めないだろう。
これらを踏まえ、日レスは長期的に現在水準の利益を出し続けけてくれるだろうと予測。

株価はかなり割安。ドトールの優待もうれしいので単元株を買うならお買い得度は高い。
(2011年5月5日現在) 980円 PER 12.21 PBR 0.59
僕の購入平均単価 1,212円

日レスのビジネスに安定感があり、PBR1以下なら手を出してもいいと思える会社。しかし株価の反転ストーリーは今のところ見えない。
お買い得度4 (5段階で5が最高)

4755楽天(3.5)

楽天の企業分析。

一番優秀なのはなんといってもビジネスモデル

楽天市場はプラットフォーム型独占。ヤクオフなどと同様に、売り手買い手をつなぐ場を提供するだけで利益を得る上に、1社独占になりやすい業種のトップ企業。今後も営業利益率20%は固い。

また、楽天トラベルも優秀。旅行代理店といえば儲からない業種で有名だが、一番のコストである人件費(お客様から宿・交通手段を聞き登録するなど、明らかにお客様に直接行ったほうがよいこと)をネットで行うことで、価格優位性を得た上に営業利益率が10%程度ある。

インターネットの成長がまだまだ見込める中でこの2つのビジネスは非常に筋が良い。

次に経営者。三木谷社長自体が起業家であり雇われ社長・二代目社長とはレベルが違うと思うものの、金融出身のせいかやや短期的思考が強い印象を持つ。顧客満足より単年度黒字に執着、グローバル進出・M&Aの遅さなども感じる。

財務体質はやや借金が多いことが気になる。ただ銀行も抱えてしまったのでイマイチ分析がしづらい。まぁ、本業が良いので大目にみてもいいと思う。

株価はやや高め

(2011年5月4日現在)株価 75,300 PER 28.24 PBR 4.15

お買い得というほどではないが、成長を考えればPER20を目安に買っても良いと思う。

すぽの購入平均単価:62,503

お買い得度の自己評価 3.5 (5段階で5がお買い得として)

備忘録:ナンピンのやりかた

ナンピンは感覚よりルールがあったほうがいい

以下、思いついたルール

■予算として最初買うときの3倍用意する

■1回目は100の時に買う、2回目は80の時、3回目は60の時に60×2=120だけ買う

⇒この実施によって平均単価は75になる

急激な円高が起こるメカニズム :理由編

前回の続きです。

サブプライムローン問題が起きると円高になる答えは「信用収縮」という言葉にあります。

現在の為替レートはかなりの部分がFXのような信用取引の影響を受けています。要するに円を借りてドルを買うという「円キャリートレード」というやつです。

円を借りて、ドルを買うとその金利差(今は4%強ぐらいですか)が手に入ります。10万円の証拠金で、100万円を借りてその分のドルを買うと、年4万円強の利息がつくことになります。この構造に気づくと、これは現金でドルを買わずに、借りた方がいいじゃんということになります。

で、こういうことにみんなが気づくことで、「借りない手はない!」と思う人が増加していくと、どんどんドルが欲しいという方向に進み、これによってじりじりとドル方向に向かうことになります。最初に証拠金取引をした人にとって見ると、円は下がるわ、金利はつくわでウハウハになるわけです。で、味を占めて、さらに証拠金取引を重ねていくことになります。

ところが、よく考えると、こういった取引はもともと買い戻すことを前提としているだけの取引(仮儒というようです)ですので、いつかは戻る宿命を背負っているわけです。

で、その宿命は、(理由はなんでもいいのですが)金融不安によってトリガーがかかります。要するに世界中の投資マネーが恐怖に駆られて手仕舞いを始めてしまうことよって、現実方向(信用収縮)に値段が戻ってきます。

これが信用収縮です。

急激な円高が起こるメカニズム

金曜日からかなり円高が進んできていますね。110円台ですね。私は中国株中心の投資ですが、すごい円高なのでとりあえずFXで111.40円(10000万ドル)の買いポジションをひとつ立ててみました。

この円高が起こる理由は、いわゆる「サブプライムローン問題」の奥にある、アメリカの「不動産バブル崩壊懸念」による、投資マネーの「信用収縮」によるものといえます。

何で、サブプライムローンで為替が急激に動くのだろう? アメリカも日本も株価が下がっており、日本だけが極端なポジティブな評価(円高)を受ける理由がわからない。

僕は為替の流れを見てこんなことをいつも疑問に思っていました。皆さんは不思議に思いませんか??

この理由については、詳しい方には当たり前の話なのかもしれませんが、僕は理由がわかったときはすごい感動を覚えたのを記憶しています。

理由については次回書きますね。

スタートはいつも酔いながら

久しぶりにblogを書くことにしました。

前にblogを始めたときも酔っ払ってから始めたので、

blogスタートには勢いみたいなものが必要なんでしょうねー。

中国株を中心とした、わかりやすい投資をblogにしていきます。

サイト内検索(google)
アーカイブ
最新コメント
プロフィール
アクセス(2015/9/3〜)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ