すぽさん投資ぶろぐ

「成長、ビジネスモデル、割安」を軸にした中長期投資ブログ


03.どんな株を選ぶか/割安な株とは

長期投資なのでルールは極めてシンプルです。

「①高成長、②ビジネスモデル、③割安」この条件を満たす株を買うだけです。

まずは説明しやすい割安株の選び方から考えます。

割安な株とは(PBRとPER)
株式の割安度を測る際に基本となる指標は、もちろん株価!・・・ではありません。A社とB社の株価を単純比較して何かを語ろうとする方をたまに見かけますが噴飯物です。株式は100%持った時にいくらかで考える必要があるので、

「株価」✕「総発行株式数」=時価総額

で考えるのが基本です。この「時価総額」と、財務諸表の「何か」と比較することで、割安度を測ります。


  • PBR:「時価総額」÷「純資産の部」

    株を買うとはB/Sの「純資産の部」を負担すると「いう事にほかなりませんから、まずはPBRが基本です。PBRが1を切っているということは、「その会社は赤字になる」と言われているのと同じことです。もちろん市場環境によって1以下になってしまうことは山ほどありますが、「赤字」と言われるようなレベルなのか??ということを考えながら買えばいいと思います。リーマンショックの時にJ-REITの多くの銘柄のPBRで0.3ぐらいになったため、驚きをもって買いに走り、よい成果を得ました(どの銘柄も2倍以上になりました。それでもPBRは1を切っていますが)
  • PER:「時価総額」÷「純利益総額」

    PBRの次に見るのは当然PERです。PERの逆数は株式益回りです。株式益回りとしては5%ぐらいがひとつの基準でしょう。PERにすると20です。

というわけで、PBR1以下をなるべく買う。PBRが1を越えている場合はPERは20以下。これが自分の割安株の購入基準です。その他の指標もありますが、この2つの指標を見れば8割型割安が判断出来ます。

02.なぜデイトレではなく、長期投資なのか

なぜデイトレではなく、長期投資なのか

私がデイトレではなく長期投資を選択する理由、それはその方が勝てる可能性が高いと信じているからです。
そもそも株というものはどんな株を買おうと様々な外的要因で乱高下するもので、リーマンショックはもちろんこと日々市場の影響を受けています。
僕の感覚ではその波の大きさは「半分~2倍」ぐらいのイメージです。つまり100ぐらいの実力株が外部の状況によって50から200なるにわけです。デイトレはこの50~200の波を読むゲームだと思いますし、僕が頑張ってもまぁ100が100になるのがオチでしょう。

5年間で2倍の業績になる会社を、普通の値段で買えばまず勝てる

でも、株とはそもそも100の投資で会社が頑張って1年後に120とかに膨らませるための仕組みです。ですので本当に優秀な企業さえ選ぶことが出来れば5年後に100が200の企業になってくれます。(ちなみに5年で2倍になるためにはROEが13%ぐらい必要です。厳密にはROEですが、売上・利益で見てもそんなにズレは無いと思います)
そしてこういう株(5年後に200になる株)を100の時に買っておけば、5年後には100~400ぐらいの幅になるわけですから、ほとんど負けはありません。
そう考えると、余計なことを考えず5年後に2倍の業績になる会社を選べばまず勝てる。そう考えて長期投資を選択しています。

01.投資方針

  • 投資スタイルは「成長、ビジネスモデル、割安」に合致する株を購入し中長期(3年から5年)保有。尊敬・参考にしている投資家は邱永漢さん、バフェットさんです。
  • 投資歴は9年ぐらい。最初の5年ぐらいは成長より割安重視(激安株重視)で購入してきましたが、勉強するに従い成長株を見直すようになり、現在は成長重視で激安ではなくても購入するようになりました。
  • ポートフォリオは中国株3割、日本株7割。「日本ではなく中国」という邱さんの意見に同意していますが、どうしても日本企業に目が行ってしまいます。日本株で買う場合は基本的にIT企業です。

参考になった本。

002.投資とは何だろう②

世の中は物々交換

良く考えてみると、世の中の殆どのものが物々交換による取引で成り立っています。 「お金」と「クルマ」、「お金」と「パソコン」、場合によっては「パソコン」と「服」なんていう交換もありますよね。

普段はあまりそういう考え方をしないと思いますがそう考えてみると、 「資産」を持つといったときは、まぁ何を持ってても「資産」ともいえるわけです。 もちろん交換の主役は「お金」ですから、それを持っているだけでもいいですが、 別に砂糖でも、金でも、パソコンを持ってても資産といえば資産です。

で、そんな世の中にあるものの内、 「持っているだけで増える(価値が上がる)」という不思議なものが3つだけあるんです。 世の中見回し見てください。何を持っていたら持っているだけで増えますか? パソコンですか?家具ですか? 一体何が持っているだけで増えるというんでしょう?

そんなものがあれば苦労しないよ。僕も気持ち的にはYesですが、では本当に無いのでしょうか?? 僕はあると確信しています。

持っているだけで増える3つのもの

持っているだけで増える不思議なもの。それは僕が知る限り3つあります。「お金」と「土地」と「株」です。この3つは本当に持っているだけで増えるのでしょうか。

「お金」は基本的に人に渡したくないものなので、人に貸す際には「金利」が発生します。
10,000円を年率1%で貸せば1年後には10,100円になり、その10,100円を年率1%でまた貸せば10,201円になります。もちろん相手が返してくれない可能性がありますので、そこには極めて慎重な判断が必要になりますが、世の中の平均で見れば年率で増えるより貸倒れの率の方が低いので「お金は増える」と言って良いと思います。

次に「土地」です。多くの人は駐車場を借りていると思いますが、その駐車場を貸している人の状況を考えてみると理解はそんなに難しくないと思います。駐車場は10年経っても1cmも小さくならず何も変わりません。しかし、その10年間はしっかり利息のようなものを生み続けます。

最後に「株」です。株とは、株式会社へ投資する代わりに会社への支配権を持てる仕組みのことです。例えば1,000万円の資金で会社を興す場合、1,000万円を会社に投入する代わりにその会社の全株式が手に入ります。仮にその会社が100万円の利益を上げればその100万円は原則として株主のものとなり、配当金として株主に戻すなり一部会社に残して次の1年の企業成長のために使うなり判断することができます。ただ株の場合は、会社が損失を出したときはその分だけ最初の1,000万円が毀損していくことになりますので、「お金を貸す」よりもハイリスクハイリターンの関係にあります。

1,000万円をスタートにして会社を始めるのにかかわらず、優秀な企業にになると100億以上の売上、10億以上の利益を上げるようになる現実を考えるともしかしたら一番夢のある資産かもしれません。孫正義さんはYahooの黎明期に株主になりましたが、Yahooの成長とともに兆単位のとんでもない資産になりました。
株についてはつい株式市場の価格が気になってしまいがちですが、会社の利益は株主のものでありつまり会社の成長=株の成長ということが本質ですし、企業が利益を出すその利益分が株の本質的な成長です。

a3078463.jpg

投資とは、つまるところこの3つ(お金、土地、株)をどう持つかということに他なりません。

よく「どの投資信託がいいの?数千種類もあるらしいけど・・・」なんて言う人がいますが、結局この3つのどれかに入り、あとは運用コストを見るぐらいなので選ぶべき投資信託なんか10ぐらいしかありません。

001.投資とは何だろう①

投資0年生の頃

投資に目覚めたのは2005年頃です。

それまでは「株」っていうものがなんなのかがよくわからず、2,000円の株と3,000円の株は後者の方が1.5倍評価されているなんていう勘違いをしているレベルでした。 毎日ニュースで流れる日経平均株価の上がり下がりを聞きながら、

「そもそも何でわざわざ自分のお金をバクチに使う必要があるんだ?」

という基本的な疑問がぬぐい去れずにいました。

儲かる会社・良い会社の勉強には熱心だった一方で、株に対しては横目で見てよく分からないなぁと傍観のスタンスでした。 ところが、ある日「金持ち父さん貧乏父さん」という本を読んで、今までモヤモヤしていたものが一気に氷解していきました。

「資産は(多少コツがいるが)、基本的には増えるもの」

「増えていく資産だけで生活している人もいる」

ということが事実であることに気づいて、投資に目覚めました。 「投資って何だろう」という基本的で最も大切な事をまとめておきたいと思います。

おすすめ日本株4銘柄の損益(2011年12月)

あけましておめでとうございます。

昨年は株価は振るいませんでしたが、株の勝ち負けのほとんどは買値で決まりますので、そう考えると大きなチャンスの1年でした。

私は基本的に株価を予測しませんし今年上がるか下がるかもわかりませんが、成長する企業を安い値段で買うという投資スタンスは今年も変えずに投資していきます。

さて、おすすめ日本株5銘柄の損益状況です。

コード 銘柄名 現在値
(11/12/31)
平均取得
単価
損益率
2492 インフォM 142,000 126,609 12.2%
3644 1stHD 516 520 -0.6%
4689 ヤフー 24,790 24,374 1.7%
4751 サイバーエージェント 250,100 66,667 275.1%
7844 マーベラス 16,950 13,352 26.9%
加重平均(5銘柄) 63.0%
加重平均(4751除く) 10.0%

2011/11/26
参考 日経平均 8,455.35 8160.01 3.6%

マーベラスが想定以上にプラスでした。「インデックス投資に勝つ」という目標で投資をしていますので、今自分のメインポートフォリオである4銘柄と日経平均と今後比較していきます。
※2011年11月26日からブログに成績をアップしており、ちょうどその時損益がゼロぐらいだったので、そこからよーいドンのつもりで比較していきます。

f6d3a98e.png

続・国の借金がこのまま増えるとどうなるか

前回のエントリに関して、2点追記します。

  1. 金利が高騰しない可能性について
    前回のエントリで書いたシナリオは、最初の危機時には金利高騰は不可避だという前提で書きました。しかし可能性だけで言えば金利があまり高騰しないこともあり得ます。
    海外に借り手を求めるのではなく、かなり早い段階で日本銀行から借入を行うことで、何事もなかったように振る舞えるかもしれません。政府紙幣といって、国が勝手にお金を印刷するなんていう方法もあります。(これも目くらましの一手段です)
    金利が上がらずに、貸し手を日本銀行にスイッチ出来れば、ゆでガエルのような今の状況ももうしばらく継続することができます。
    このシナリオは覚悟のない今の日本人に喜ばれる内容ですし、これに近い主張をする経済学者も存在しますが、まぁ現実はそんなに甘くないですし、国の借金が増えれば金利上昇に対する耐性はどんどん弱まっていきますので、どちらにしてもインフレは避けられません。
  2. 危機時に、国内金融機関は国債を持ち続けるか
    また、危機時に、国内金融機関は国債を持ち続けるかという点も議論が分かれるところです。池田信夫さんは「もし小泉進次郎がフリードマンの『資本主義と自由』を読んだら」の中で、危機時に国内金融機関が日本円売りに回るという予測を立てていますが、私は意外と国債を持ち続けるのではないかと思っています。
    国内金融機関は、つまるところ日本円ベースでの資金調達コストより高い運用ができればそれでいいのです。例えば保険屋は、客とは日本円で返す約束(例えば満期に100万円で返す)しかしていないのですから、インフレで円の価値がいくら下がろうとあまり関係ありません。為替リスクや株価下落リスクなど不確定要素が高い資産ではなく、「絶対的な価値は下がるが、客との約束は果たせる」という視点でで国債を手放さない可能性は高いと思います。

という訳でやや蛇足的なエントリですが、自分の未来予想のスタンスを明確にするために追記しました。

サイト内検索(google)
アーカイブ
最新コメント
プロフィール
アクセス(2015/9/3〜)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ