マネー雑誌などで「ロスカットは鉄則」とよく書いてありますが、私は基本的にロスカットは行わずナンピンをします。

1,000円で買ったものが800円になったのに、買いたくなるのではなくて売りたくなるというのは、株を「企業を買う」つもりで買っているのではなく「なんでもいいから高くなりそうなものを買おう」と思っているということです。それは本当に株式投資なのでしょうか。
私が株を売るのは「企業の収益力が、自分の想定と変わってしまった時」もしくは「株価が割高になりすぎた時」だけです。
株価は読みません。

1stホールディングスは、ナンピン基準に近づいています。