haruhikoさん
6789ローランドDG、この内容で確定します。

■結論
安定的なビジネスモデルを抱えており営業利益率10%+を期待できる企業だが、為替と景気の影響を強く受ける弱点がある。2014、2015は為替の影響を割り引いて考えると割安感は低い。今後はAクラス程度の成長が期待できそう。3.5に近い3.0。

■基礎情報
GMOクリック証券の分析を使います。

Plh_6789_10

Bs_6789_5

決算情報など。資料は比較的充実している。
・2014年度の売上・利益分解

Slide_14_3

Slide_14_3_2


・予想PER 11.4

■ポイント
Step1:業績の確認
・2010〜13の厳しい時期が続き、2014に復活。
・営業利益率は2009までと2014は15〜20%と高い。2010〜13は0〜5%まで下落
→2010と2014に何が起きたか知りたい
・キャッシュ、自己資本比率も高く安全

Step2:事業の確認、ビジネスモデルがどう活きているか
・大型インクジェットプリンター(広告向けなど)、カッティングマシンなどが主力商品。シェアは40%程度でNo.1。3Dプリンターは歯科用を中心にしてきたが、最近汎用商品を開発。
・ビジネスモデルは典型的な「アフタービジネス型」。売上の3割が消耗品で、ここでの粗利が企業を支えていることが容易に想像できる。また「シェアトップ」も大きい。安定した売上があれば営業利益率15%程度は取れそう。

Step3:株価の確認
予想PER12.0で割安だが、為替の影響を考えると実質PER18程度で考えたい。