梶野さん、お待たせしました。
3237イントランスです。一緒に議論をお願いします。
■結論
強みは「麻生社長」、成長は「案件次第」の企業。安心して保有できないが、企業規模もまだ小さく麻生社長の優秀さに夢を託したくなる面もある。3.0。
 
■基礎情報
GMOクリック証券の分析を使います。
plh_3237_10


bs_3237_5

・その他IR資料など
決算動画(麻生社長)

■ポイント
Step1:業績の確認
・不安定な売上・利益だが2014、2015で急成長→何があったのだろう
・B/Sは2015で大きく縮む→大型の不動産資産売却(流動化)による

Step2:事業の確認、ビジネスモデルは?
・流動化(販売)やコンサルなどを中心とする不動産業。安く仕入れて付加価値をつけてかなり高く売るという手品のようなビジネスを行う。
・2014・2015は案件が順調で伸長。売上は70億程度で不動産業としては比較的小規模、数えるほどの案件数で構成される。

Step3:株価の確認
予想PER 12.1

■梶野さんへの質問
①この企業の「強み」は何だと思いますか?
②今後の成長についてどう考えますか?
③その他、聞きたいことがあればどうぞ