20151231


20151231-2
20151231-3


総括
12月も堅調で年間トータルは+48.3%となりました。2011年11月からのトータルスコアも70,000を超えました。ベンチマークを大幅に上回った理由は大きくは2つだったと考えています。
①FPGのヒット
②地道なナンピン戦略が功奏
FPGは運の要素も強いので特にコメントはないのですが、②はシュッピンやPCデポなど、短期的な下落をうまく吸収できました。(ナンピン時に信用収縮が起きたら別のシナリオになっていますが・・)
また、今年は6月末に全面撤退するというチャレンジも行いました。結果的にはパフォーマンスへの影響はほぼなかったのですが、ここで悩んで出した答えは私の一つの武器になったと思っています。

保有銘柄に対する認識
現在保有している銘柄に対する認識は以下の通りです。
  • FPG:4.5に近い4.0
    今回定額法の対象から外れたことが大きい。来年も同じ問題に直面するという見方もあるが、対象とするなら今回のタイミングが自然であり、今後しばらくは対象になりづらいだろう。この懸念点以外の弱みがなく今の水準ならB→S投資に近い。
  • PCデポ:4.0
    個人的には一番のお気に入り。SLPによる市場拡大はまだまだこれから。増資リスクはある。
  • シュッピン:4.0
    個人投資家から必要以上に注目を浴びていて株価が乱高下するが、基本的に成長+利益率向上が期待できる良い銘柄。乱高下と付き合いながらになりそうだが楽しく持てる。
  • 山田コンサル:3.5に近い4.0
    1Qが失敗し大きく下落したもののもともと安いので不安は少ない。温かい目で保有し、事業譲渡ニーズの汲み取りに期待する。
  • エイジア:3.5に近い4.0
    子供の骨格の企業で業績・株価ともにブレやすい。ただ本業のビジネスモデルが安定している中で、市場拡大も良い方向で進んでおり、こちらも温かい目で見守りたい。
ブログ運営について
今年度は「議論をする場」に変更し、ハードルを高くさせていただきましたが、皆さんとても優秀かつ熱心で、素晴らしい議論をさせていただくことができ、楽しい場を作ることができました。改めて感謝いたします。
今年は30件ぐらい議論しましたのでトータルでは130件以上をリクエストベースで分析してきました。さすがにマンネリ感というか、慣れも出てきましたので、来年は少し自分で探す部分を増やすなど変化をつけていこうと思います。

それでは今年1年ありがとうございました。良いお年を。