けんたうるすさん、皆さん
それでは8423アクリーティブの議論です。よろしくお願いします。
■結論

ドンキホーテの子会社として順調な成長を続けるが、もともとラクではない市場環境に身を置いておりその先の成長には疑問が残る。B→A投資としてみるのが良さそう。3.5に近い3.0。

■基礎情報
GMOクリック証券の分析を使います。
plh_8423_10


bs_8423_3

・その他IR資料など

■ポイント
Step1:業績の確認
・2012からは売上・利益ともに順調な成長だが、2009-2011に大きな赤字が発生
 →何があった
・営業利益率は50%程度
・B/Sでは100億円以上の「短期借入金(貸方)」と「その他流動資産(借方)」がある
 →短期債権を保有するビジネスモデル

Step2:事業の確認、ビジネスモデルは?
・売掛債権/手形/レセプトなどを買取ってキャッシュを融通するビジネスを主力とする。合わせて債権等の管理代行サービスにもビジネスを広げる。この二つを合わせてFPS(Flex Payment Service)と呼んでいる。
・もともとドンキホーテとのつながりが強く、2011年の経営危機時に支援を受け連結子会社となる。この時社名も「フィデック」から「アクリーティブ」に変わる。当然大口顧客でもある。
・債権買取は金融機関の主力事業であり競争は厳しめだが、IRでは小口に特化することで棲みわけができていると言っている。

Step3:株価の確認
予想PER 11.9で割安

■けんたうるすさんへの質問
①この会社の5年後の成長のイメージを教えてください
②2009〜11の赤字の理由についてどのように考えていますか
③その他、聞きたいことがあればどうぞ