もぐりさん、お待たせしました。
それでは3474G-FACTORYです。よろしくお願いします。
■結論
「小規模飲食店に向けた、居抜き物件・設備のリース型仲介」というユニークなニーズを掘り当てて成長の入り口に立つ。 ストック型かつまだ小規模のため、2倍あたりまでの成長はあまり心配ないが、参入障壁はそれほど高くなく、他社参入や居抜き物件の枯渇あたりに注意したい。評価は3.5に近い4.0。

■基礎情報
plv_3474_5
bs_3474_3
G-FAC
・その他IR資料など
債権先破綻による影響についてのIR(PDF)

■ポイント
Step1:業績の確認
・売上25億円程度で比較的小規模。
・売上成長は+20%超の高成長(2015、2016)。営業利益率も10%を超えさらに改善中。
・セグメントではサポート事業の営業利益率がかなり高い(30%近く)→高すぎる印象があり理由を知りたい。
・B/Sは自己資本比率5割程度。2016年9月に上場したことでキャッシュが入った。
・1Qにリース先の破綻があり8000万円程度の損失を計上。

Step2:事業の確認、ビジネスモデルは?
・飲食店開業サポートとして店舗サブリースや内装設備リースなど行う。10店舗程度の小〜中規模飲食店がターゲット。
・ストック型で安定的に利益が積みあがっている
・店舗運営(宇奈とと)も行なっているが営業利益の貢献は全体の約2割で、飲食店サポート事業にシフト中。

Step3:株価の確認
予想PER17.3

■もぐりさんへの質問
①今後の成長イメージについてどのように考えていますか
②会社の強み・弱みについてどう考えていますか。またサポート事業の高収益の理由についてはどう考えますか
③その他聞きたいことがあればどうぞ