我が家には小学校1年生の男の子がいますが、子供が年長ぐらいになると「お小遣いをどうあげるか」ということに頭を悩ますようになります。何がベストかはわかりませんが私の家のやり方をご紹介しますので、何かの参考にしていただければと思います。

我が家のお小遣いの方針
①毎週土曜日に300円をあげる
②「好きに使っていい」という姿勢を堅持
毎週300円をあげる
お小遣いの金額は毎週300円です。世の中一般よりはちょっと多いと思いますが、子どもから見える世界を考えて決めました。
年長~小学校低学年の男の子が欲しい思っているものは、「おもちゃ」「お菓子」「ゲームセンター」「ゲーム機」がほとんどです。使うシーンはこんな感じです。

・親とショッピングモール内のゲームコーナーで遊ぶ/ガチャガチャをする(100円~300円)
・コンビニやスーパーでお菓子を買う(100円~200円)
・おもちゃ屋さんでおもちゃ/ゲームソフトを買う(300円~6,000円)

昔は100円あれば駄菓子屋で色々選ぶこともできたのでしょうが今はそんな店もありませんので、今の環境の中で様々な選択ができる金額ということで300円にしました。

好きに使っていいという姿勢を堅持
「お小遣いは、好きに使っていいよ」という姿勢を堅持しています。スーパーでお菓子を買うときなどでは、親が主導権をもって買うときは親が支払いますが、本当に欲しいなら「自分のお小遣いを使えば好きなのを買っていいからね」といつも促しています。最初の頃は使いみちに良い・悪いといった感想を言ってしまっていましたが、今は完全に任せるようにしています。

1年半ぐらい経って
この運用は年長の頃からスタートして約1年半ぐらい経ちました。最初の頃は300円をすぐに使い切っていましたが半年ぐらいで貯金も始めるようになりました。また使いみちについても最初はコスパを考えないような「欲しいから買う」という感じだったのですが、街の品物の値段を見るようなって「この大きさでこれは安い!」とコスパ的な捉え方をするようになってきました。金銭教育としてはまずまずかなぁとみています。

今後について
一般的には学年が上がるごとにお小遣いを増やすことが多いようですが、もともと金額が高いので小学校3年ぐらいまでは今のままでいいかなぁと思っています。「100万円あげるから株をやってみな」というやつはやってみるつもりですが、まだまだ先の話ですね。
ご参考になれば。