toysさん、大変おまたせしました。
それではMマートについての議論をお願いします。
■結論
「コスパの良い食材が手に入る」というコンセプトで個人経営飲食店を中心とした食材調達プラットフォームを築く。シンクロ・フードやインフォマートなどとは店舗のニーズの違いから一定の棲み分けができている。 売上面はストックによる安定成長が期待できる一方で、利益面ではまだまだ小規模な会社なのでブレがありそう。また中期的には給与水準の低さや企業組織力の弱さ、経営者の高齢がリスク要因。評価は3.5。
■基礎情報
GMOクリック証券の分析を使います。

plv_4380_5
bs_4380_3

・村橋社長のインタビュー動画
・その他IR資料など

■ポイント
Step1:業績の確認
・2018年2月に上場。村橋社長は上場時81歳で比較的珍しい高齢経営者による上場。
・売上は6億円程度で小ぶり。2017、2018は利益がしっかり出ており、2018年は営業利益率も20%まで上昇。
→営業利益率の今後の方向性は?
・B/Sは標準的。上場でキャッシュが増えている。貸方の大きい部分は前受金、仲介商品の未払金などで大きな懸念なし。

Step2:事業の確認、ビジネスモデルは?
・Mマートという食品卸と飲食店のBtoBプラットフォームが主力。食肉、水産食品などが多い。
・インフォマートと競合関係にあるが、中小企業向の飲食業にターゲットを絞り、コストパフォーマンスの高い商品を集めることでニッチなプラットフォームとして立ち回りができている。
・社員数は33名。平均年齢47歳、平均給与370万円と上場企業としては低水準。平均勤続年数も3年7ヶ月と低めでリスクとして捉えたい水準。

Step3:株価の確認
予想PER25.1、PBR3.95。

■toysさんへの質問
①今後5年の成長イメージについてどのように考えていますか
②会社の強み・弱みについてどう考えていますか
③その他聞きたいことがあればどうぞ