すぽさん投資ぶろぐ

「成長、ビジネスモデル、割安」を軸にした中長期投資ブログ [Twitter @spo_toushi]

4.0

企業分析:3679じげん(4.0)

FPかもめさん、おまたせしました。
それでは「じげん」についての議論をお願いします。
■結論
「ニーズを掘り起こした(No.1)→市場を広げる」という一般的なサクセスストーリーではなく、「広大な市場で少しずつレベルアップする」という普通ではない成長戦略をとる。稀代の若手起業家平尾丈さんが描く戦略図のもと、キャッシュを生みやすいビジネスをベースに、
①DB強化、IT強化による地道な成長
②有力プレイヤー連携等によるステップアップ
③キャッシュを活かしたM&A
を組み合わせながら成長を続ける。 今後の成長は平尾社長の戦略に依る部分は大きいが、株価もPER30以下で2年程度計画通りの成長(20〜25%)が続けば、安定したキャッシュフローを生みながら大きなアップサイドを期待できる銘柄になる。評価は4.5に近い4.0。
続きを読む

銘柄分析:6189グローバルグループ(4.0)

皆さん、新しいチャレンジに向けた温かいコメントありがとうございました。
まずは更新頻度を上げるということで、宿題にしていたグローバルグループの分析です。私としての考え方をまとめましたので、ご意見等があればぜひよろしくおねがいします。
■結論
保育所不足という大きなトレンドの中で公から民への流れに乗り、着実に園数を増やしながら成長する企業。新規建設時の補助金が大きいことはリスク要因。補助金込みではあるもののPERも割安で痛手は小さく済みそう。3.5に近い4.0。
続きを読む

企業分析:3474G-FACTORY(4.0)

もぐりさん、お待たせしました。
それでは3474G-FACTORYです。よろしくお願いします。
■結論
「小規模飲食店に向けた、居抜き物件・設備のリース型仲介」というユニークなニーズを掘り当てて成長の入り口に立つ。 ストック型かつまだ小規模のため、2倍あたりまでの成長はあまり心配ないが、参入障壁はそれほど高くなく、他社参入や居抜き物件の枯渇あたりに注意したい。評価は3.5に近い4.0。

続きを読む

企業分析:4666パーク24(4.0)

2017年4月に新規購入した銘柄です。
議論した銘柄ではありません。私の見解としてまとめます。
■結論
駐車場事業No.1で絵に描いたような安定成長を続ける。「集積」が競争優位となるカーシェアリング事業では、タイムス駐車場という強みを活かしながら他社を寄せ付けないペースで拡大し黒字化を果たす。サプライズは期待できないが「5年で2倍」を安定的に狙える銘柄。株価は高めだがカーシェア事業の有望度に期待したい。評価は3.5に近い4.0。

続きを読む

企業分析:3901マークラインズ(4.0)

田舎の司法書士さん
お待たせしました。それでは3901マークラインズです。よろしくお願いします。
■結論
「専門誌と調査会社の中間ぐらいのお手頃情報サービス」という新たな市場を作り、海外を含めて順調に拡大。基本はストック型でプラットフォームも形成しつつあり安定感がある。市場規模もまだまだ小さく成長鈍化のフェーズまでは遠い。ここ数年はSクラス(20%)の高成長が期待できる。リスク面では為替、不況時の一部解約、新規参入などを想定。株価はやや高いが十分購入水準。評価は4.0。

続きを読む

企業分析:6037ファーストロジック(4.0)

アインさん
大変お待たせしました。それでは6037ファーストロジックです。よろしくお願いします。
■結論
個人投資家向け不動産情報サイトという新たなニッチ市場を創造。売り手(不動産業者)のニーズにマッチして急成長しており、件数、単価、新サービスと大きな成長余地が残り、今後もSクラス(20%以上)の成長が期待ができる。
一方買い手(個人投資家)から見ると、物件の質がもの足りなくクローズド(不動産業者との直接的なやりとり)から切り替えるほどの魅力は作れていない。クローズドからオープンに市場をシフトできるかが長期的な重要ポイントとなる。評価は4.0。
続きを読む

企業分析:1716第一カッター興業(4.0)

ゴルキチさん
それでは1716第一カッター興業です。よろしくお願いします。
■結論
高い技術と汚泥処理の一括請負などを強みにする切断・穿孔No.1企業。ここ数年成長が続くが、老朽化修復ニーズによるものと推測でき、継続的な成長が続くのであれば大化けの可能性がある。3.5に近い4.0。続きを読む

企業分析:3908コラボス(4.0)

みーやんさん
それでは3908コラボスです。よろしくお願いします。
■結論

コールセンターシステムにおいて高コストのレガシーシステムから低価格のクラウド型へシフトを促す。クラウドビジネスらしい綺麗なストック型。システムに情報が蓄積されることで乗り換えが難しくなるの特徴的で、安定的な売上成長と利益率改善が進む。新規参入が比較的容易なのが懸念点だが、シェアトップで商品力も高く今のところ心配はない。成長、ビジネスモデル、割安が揃っており個人的にも好みな企業。評価は4.0

続きを読む

企業分析:3138富士山マガジンサービス(4.0)

ジョーカーさん
お待たせしました。それでは3138富士山マガジンサービスです。よろしくお願いします。
■結論
①取次&店頭販売型から定期購読型への「販路転換ニーズ」の先頭に立ち、②マイナー雑誌取り込みを通じた「プラットフォーム&ロングテール」を形成し、③「ストック型」を基盤に無理なく成長を遂げる。
成長余地についても、雑誌の市場規模7,000億円超に対して25億の売上は小規模であることや、日本市場での定期購読率(15%)の向上余地など申し分ない。5年で2倍(15%成長)も無理なペースに見えない。成長、ビジネスモデル、割安の三拍子揃った稀有な株で評価は4.0
最大の欠点は流動性。あまりの流動性の悪さに私は購入を諦めました。続きを読む

企業分析:3910エムケイシステム(4.0)

※下段に少し追記しました

新規購入に合わせての企業分析です。(議論は行っていません) 
■結論
理想的なストック型ビジネスモデルを持ち、電子化の遅れた社労士システム市場でシェアNo.1として成長を遂げる。クラウドへの対応も早く変動費がほとんどかからない構造のため利益率向上も期待できる。「成長・ビジネスモデル・割安」が揃った稀有な株。4.0。続きを読む
サイト内検索(google)
最新コメント
アーカイブ
プロフィール

すぽ

アラフォー男です。中長期投資をしたいと思える人を増やすという野望をもとにブログを書きます。
ご連絡をされたい方は、下記メールアドレスまでお願いします。
spo_toushi@infoseek.jp
Twitter @spo_toushi

アクセス(2015/9/3〜)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ