邱さんの教えでもありますが、私は投資で勝つことよりも中長期的に負けないことを重視しています。そのために銘柄選定以前の、破滅を防ぐための3つのルールを遵守しています。

1.信頼あるところにしかお金を預けない
銀行に慣れ親しんでいるため、私も含め多くの人が「お金を預けること」に対し信用しすぎているように思います。友人に100万円預けることにはためらいがあると思いますが、本来はその延長で考えるべきものです。
私は「小規模FX業者にも預ける気にはなれない」ぐらいの感覚でお金の預け先を選定しています。

2.借金をして株を買わない
これは邱さんがよくおっしゃられていたルールですが、借金をして株を買う(レバレッジをかける)と、一瞬でゼロ~マイナスになるリスクを背負うことになります。リーマンショックで私の資産は瞬間的に半分ぐらいになりましたが、手放さずに保有し続ける事が出来たため今につながっています。
 
3.分散をする
東京電力株は2011.3.10までは日本で一番安全な株でしたが、たった1日で株価の8割以上毀損しました。私は、株を持つ時は常に紙クズになることを意識すべきだと思っています。私の場合は、6~7銘柄程度、1銘柄で全体の1/3を超えないぐらいを目安に分散投資しています。
 
投資スタイルはひとそれぞれだと思いますが、私にとっては最も大切なルールとなっています。