150630

1506302

                                                                                                                                                                                   
コード 銘柄名 平均取得価格 現在値 損益 配分
2127 日本M&Aセンター(4.5) 765 4,845 +533.3% 0
2352 エイジア(4.0) 1,081 1,441 +33.3% 0
3179 シュッピン(4.0) 526 1,886 +258.6% 0
3673 ブロードリーフ(4.0) 1,538 1,591 +3.4% 0
7148 FPG(4.0) 380 908 +138.7% 0
3053 ペッパーFS(-) 3,420 0 -100.0% 0
4792 山田コンサルティング(4.0) 3,145 4,100 +30.4% 0
3665 エニグモ(3.5) 958 1,307 +36.4% 0
8771 イーギャランティ(4.0) 2,450 2,400 -2.0% 0
現金 68,988
合計 68,988
+589.9%
(参考)2014/12/31 47,893
2015年成績 +44.0%

■総括
前の記事に書いたように、6/30にすべての株を売却しました。今月はエニグモやエイジアの高騰があったため、+50%超まで行きましたが、現金化による納税がありパフォーマンスを下げました。トータルは+44.0%です。

■売却について
中長期投資の考え方になじまない撤退型の売却に、驚かれた方もいらっしゃると思いますが、以下の様なことを考えて、やや実験的な売却を行いました。

①リーマン・ショックの判断に決着がついていない
リーマン・ショック時、私は中長期投資のスタンスで「保有→ナンピン」を行いました。結果として2~3年の時間を経て一定の成果につながったのですが、「撤退の選択肢は本当になかったのだろうか」という気持ちが残っています。
撤退を実践してみて、自分に合うかを見極めてみたいと思いました。

②株価がやや割高に
皆さんも感じていると思いますが、株価の好調を受けて全体的に割高な印象が強まってきました。企業業績が好調とはいえ、リーマン時に比べるとやはり1.5~2倍ぐらいの割高になっている印象です。ナンピンをスタートするには割高(道のりが長い)と感じています。

③しばらく不安定になりそう
今日は私の判断とは逆に高騰しましたが、ギリシャ不安や中国バブルなど危険要素が膨らんでいる印象です。(未来予測は不得意なので、話半分以下で聞いてください)
であれば、株に拘る必要も薄い。

今後1ヶ月ぐらいは新たな購入は控える予定です。