楽しい2日間でしたがそこには触れず以前から書こうと思っていた記事をアップします。

食料品銘柄は業績が安定している印象があると思います。例えばコカコーラはバフェットの終身銘柄として有名です。またカップラーメンを発明した日清食品は日本では盤石のNo.1です(その一方で海外進出が遅れたことで苦労しています)。食料品市場は先行者有利という面があります。
この理由の一つが「販売チャネル(の構築)」なのは間違いありませんが、私はそれ以上に大きい要因は「食べ物は好みが固定しやすい構造をもっていること」だと考えています。

お腹が減った時の思考パターン
具体的な話になりますが、お腹が減ってから食べ物を買う(食べる)までには、人は通常の以下のようなステップを踏むと思います。

①ご飯を食べたいと感じる
②食べ物の味を想起する(ラーメン?そば?牛丼?カレー?)
③買う(例えばラーメン屋さんに行く)

スーパーで食べ物を買うときもに似たような流れです。

①食べ物を色々眺める
②食べ物の味を想起する
③欲しいと思ったものを買う

ここで注目したいのは②の「想起」のところです。食料品は買う人には「味を想起する」というステップがあり、この想起に入れると選ばれる可能性が格段に上がります。(逆に、ここに入れないと買ってもらうのに苦労します)
カップヌードルは日本人の想起対象から外れることはおそらくないため磐石ですが、海外によってはその想起がマルちゃんになっているところもあるということです。食料品はこの「一人ひとりの想起プロセス」によって勝ち負けが固定化しやすいのです。

実はブランドの話
実はこれはブランドの話です。過去にコメント欄で以下のようなことを書きましたが、ブランドの本質は一人ひとりの頭の中の刻印です。食料品は他の商品より購入頻度が高く、想起プロセスを多く繰り返すためブランド力が強く影響を与える商品なのです。

ブランドの語源は牛の刻印だと言われています。バッグにコーチの焼印を入れる。これがブランドです。ただよく考えると焼印が打たれるのはバッグではなく、一人ひとりの心の中と考えた方が実態に近いと思います。

・あの商品は高いが高品質
・あのスーパーは安くてよい品がある
・あの監督の映画は面白い

こういう一人ひとりの商品に対する心の中の刻印がブランドです。ですので一般に言われる「ブランド=高く売れる」というのはちょっとズレていて、低価格ブランドも当然ありますし、商品や企業イメージ伝えるマーケティングコストを省けるというのがブランドの主機能だと思います。
(参考)実はNo.1しか選んでいない
http://www.spotoushi.net/archives/42361853.html

投資対象として
食料品株は歴史が長い企業(大人の体格の企業)が多く利益率が地味なので、私の投資対象になりづらいというのが現状ですが、クラフトビールや、高齢者向けの人気食など成長が見込める食べ物が見つかれば面白そうです。

というわけで「人はお腹が空くと食べ物を思い浮かべるので、食料品株は安定する」というおはなしでした。