コロ助さん
ここしばらく業務繁忙が続いており、議論の時間が捻出できません。来週水曜ぐらいから余裕が生まれてきますでその辺りで弁護士ドットコムの議論をさせてください。すいません。

先月90万円の値がついて半分売却したビットコインですが、本日1BTCだけ残して全て売却しました。

ビットコインについての基本的な捉え方
一年前の記事から私の捉え方は変わっていません。
「参考:ついに買いました!ビットコイン!!

・ビットコインの本質は共同幻想
・お金の価値はプラットフォーム
・ビットコインはお金としては大きな欠点がある(価格が安定しない仕組みになっている)
→ややシニカルに言うと「何の価値もないバブル内包装置」というのが私のビットコインに対する捉え方です。

通貨の機能としては子供レベル
私はビットコインは通貨の機能を果たしそのことが価値を生むと思っていましたが、価格が急騰する一方でその機能が実現する予感は未だありません。今後の電子決済の方向として今一番有望なのは、手数料ゼロの「中国アリペイ/ウィーチャットペイ型」ですが、これと比べて勝てる要素はほぼありません。

バブルはいつか弾ける
そんな中、時価総額も30兆円になりそろそろ限界を感じる金額になってきています。また今日の急騰は明らかに市場の興奮を感じるもので、花火大会の最後の盛り上がりを感じさせるようなものでした。バブルがいつ終わるかはわかりませんが、さすがに手仕舞いをしたくなる雰囲気です。
私としてはそろそろ降りどきと判断しました。ご参考まで。