お金に関する常識を教えてくれるのが「ナニワ金融道」なら、不動産業界の常識(闇を)を教えてくれるのがこの「正直不動産」です。人生の中で不動産契約に関わる機会はそれほど多くありません。そんな私たち素人に対して、プロがどのように手玉に取ろうとするのかが丁寧に描かれていてとても面白かったです。



作者の夏原武さんは「クロサギ」のストーリーの作者です。クロサギは取材にもとづくリアルな手口の描写が魅力ですが、今度は不動産業界をテーマに書かれています。 

「両手取引」「専任媒介契約」「あんこ」「AD物件」・・・


ツイッターの不動産クラスタから流れてくるような、謎のキーワードの意味もこのマンガを読むと理解できるようになります。僕は不動産には明るくないのでセリフの意図を理解するために何回か読み直したりすることもありました。

IMG_4517

現在は5巻まで出ているのですが、1、2巻あたりは「正直な事しかしゃべれない」という設定が強すぎた印象ですが、4~5巻辺りからこの設定もこなれてきてよりストーリーも楽しくなってきました。

というわけで投資家の教養本としてオススメです!